ブライダルプランナーになって幸せ演出|検定を受けて即戦力になろう

教師

就職に有利な資格取得

男性

スタイリストになりたいと考えた場合、必ずしも専門学校に通ってなるという事はありません。スタイリストとして活躍している方のアシスタントになって経験を積むという事も可能です。しかし、服飾やメイクの知識もほとんどない場合、アシスタントとして働くのも大変なのです。しかし、専門学校であればアシスタントに必要なスタイリングについて一通り学べますし、アシスタント募集などの情報も入ってきやすいので有利な状態からスタートする事が可能なのです。

スタイリストになるための資格は現在の時点ではありません。しかし、資格を取得していると就職に有利になると言われている資格はあります。スタイリングを行なうためには人に似合う色とそうでない色を判断する能力が必要になってくるのでカラーコーディネーターやパーソナルカラー検定の資格を所持していると有利です。パーソナルカラー検定は肌や瞳の色、髪の色などからどのような色が似合うか提案するための資格でとなっているのでスタイリストを目指すのであれば取得しておいた方が良いでしょう。他にも、営業や企画力が必要になってくるスタイリスト業界ではファッションビジネス能力が必要になってきます。ファッションビジネス能力検定などを取得しておくと幅広い分野で活躍する事が出来るスタイリストになる事が出来るでしょう。このような資格が取得出来る服飾系の専門学校に入学すれば就職などにも有利になるので入学するのであれば資格取得支援などを行なっている専門学校を選ぶようにしましょう。